転職を望む理由

 

 転職する理由は様々あると思いますが、自分自身のキャリアのステップアップとして考えている人が多いと思います。スキルや経験をさらに昇華させるのが目的であったり、年収面での待遇をさらによくすることであったり、自らが今やっている職業よりも上を目指すというのが転職の理由としては大部分を占めると思います。

 

企業が転職者に求めること

 

 一方採用する側の企業は転職者にどのようなことを求めているのでしょうか。一般的に会社は大学や高校を卒業した新卒者を一から社会人として教育して、戦力としていきます。転職者はそれが一からではなく、五から教育しない、もしくは場合によっては最初から戦力として見込まれています。

 

需要のミスマッチがあり得る

 

 これらを踏まえて考えると転職者側からの視点だけで転職活動を進めるとお互いに需要のミスマッチが起こりかねません。自分のキャリアを上げると同時に、その会社に新卒を採用するよりもはるかに大きなメリットがあることをアピールしなくては、あなたの必要性を理解してもらえない恐れがあるのです。

 

ウィンウィンの関係を転職にも

 

 転職活動で躓く人はそうしたミスマッチに気付かないまま就職活動を行っている可能性があります。企業にも自分にもメリットのある縁談だと思ってもらえるあなた自身の姿勢を示さなくては、転職活動はうまくいかないでしょう。

 

 

イチオシ転職情報サイト
http://xn--30-og4a5azl4717a9z4awdy.net/
30歳で転職する人は意外と多い


このページの先頭へ戻る